« 投票してみて | トップページ | 早稲田・桐光交流会 »

2007年8月19日 (日曜日)

ジャグリング・大道芸論

Dscf9435ball みなさん、投票ありがとうございました。

湘南高校ジャグリング同好会ブログを見て頂いている人は、

ジャグリングについて知りたい

or

私的な事を含めた湘南生の生活について知りたい

という人が多数派のようです。

たぶん・・・

これからは、この方向で行きたいと思います。よろしくお願いします。

さっそく、

この前にアンケートした

ジャグリング・大道芸論について書いていこうと思います!

 

ジャグリング・大道芸論

僕がこのテーマについて書こうと思ったきっかけは、この前に自分自身がストリートパフォーマンスをしたからです。

このストリートパフォーマンスですが、お客さんを集めるのが本当に難しいです。

もし、下手であれば、(僕が始めてストリートパフォーマンスをした時のように)観客なしの状態である事も簡単に起こります。

それで、他のパフォーマーを見て、どうしたらお客さんを獲得できるか考えてみました。

  1. 始め方を工夫する
  2. する技を変える

上手い人は、普通いきなり演技を始めてませんでした。

例えば、

バルーンを使って動物を作ってあげたり、

分かりやすい一発芸をしたり

など。

でも、でも、この方法、かなり役に立つみたいです。

特に、バルーン!

これは、話術があれば、かなり大きな効果があるみたいです。

しゃべりながら、動物・乗り物・帽子など子どもが欲しがりそうなものを作ります。

そして、立ち止まって見ている子どもにそのバルーンをあげれば、

その子ども+親がお客さんに!

しかも、バルーンをもらった人が途中で帰ってしまう事はほぼなく、お客さんがいない事態はない事になります。

そして、

親子のお客さんがいると、

近くを歩いている人が「何かな?」と見る。

そこで、すごい技を決めれば、立ち止まってくれます。

さらにそれを見た人が・・・

と、

こうなるんですよ!

もちろん、初めの条件の“話術が上手い”と、途中の条件“すごい技を決める”がないといけないですが、それにしてもとってもいい手だと思います。

一発芸もだいたい同じです。

自分が絶対の自信のある(ミスをしない)、分かりやすくて、遠くからでも見える技を初めにします。

その後はバルーンをした時と同じような流れにすれば、上手く行くはずです。

でも、一発芸の方は、バルーンよりは話術はいらないようです。

 

次に、

2.する技を変える

ですが、

難しい技をするのではなく、うける技をするという事です。

言葉で言うのは簡単ですが、うけるか見分けるのは本当に難しいです。

ジャグリングを練習してしまった人が思うツボと、全く知らない人のツボはかけ離れている事が多いです。

もう練習してしまった人には、実際にショーで使ってみないと分からない気がします。

しかも、このお客さんのツボは、人によって物凄く違うようです。

例えば、

文化祭に来た人

ただ通りを歩いていただけの人

様々な演技が行われる催し物に来た人

と。

自分の失敗談になるのですが、

文化祭の時にうけたので、ストリートでもうけるだろうと思ってしたら、

全然うけませんでした。

少し言うと、

文化祭では、一部が友達で凄くいいサクラがいますし、保護者も反応がいい事が多いので、全体の雰囲気もいいです。

ストリートは、多くは無視や、顔はこっちを向いているけど足は止めない人ですが、見てくれている人は温かい事が多いです。たぶん、わざわざ止まるという時点で、冷たい人はいないからだと思います。

そして、一番温かくないのは、意外に催し物で来てる人。

たまたまかも知れませんが、僕たちの時もちょっと冷めてたし、後の人の時もちょっと冷め気味でした。

なぜかと考えてみたのですが、

周りにたくさん人がいるからかもしれません。

自分が拍手しないといけない、盛り上がらないといけない、と感じないからだと思います。

結論としては、

大道芸は場所で大きく左右されるので、その場にあったショーの方法を取る

のが上手いパフォーマンスの条件なのだと思います。

そして、もちろんの事ですが、ミスをしないのも重要です。

ストリートをして猛烈に感じました。

やっぱり、ミスするとしらけるし、帰られます。

 

・・・

題名をジャグリング・大道芸論としたのに、「論」なんてありませんでした・・・

ごめんなさい。

後付ですが、

ジャグリング・大道芸論と題名をしたので、“ジャグリングと大道芸の違い”について触れておきます。

大道芸

トークが物凄く重要

説明しながらパフォーマンスする「解説型」が多い

コメディっぽい

ジャグリング

トークはあまり重要でない

初めに一通り話しておき、終わりまで何も話さない事が多い

アートっぽい

 

結局、

何が言いたいかと言うと、

 

 

なんかな~

 

う~ん

 

 

やっぱ・・・

何もいいたい事はなかった

みたいです(;^A^)ゝ

ジャグリング動画

ディアボロ

2ディア

「ラップ連続 地味に難しいですが、できると楽しい技です。

「スプリンクラー二重巻きリリース 見栄えのする技です。

「アラウンド・ザ・レッグ・リリース

1ディア

「(ネイルグラインドから)ワンハンドジェノサイド(スマイリー) ルーティン

Dscf9357nawatobi なわとび

「横交差斜め跳び いつの間にかスムーズにできるようになりました。

「横交差三重斜め跳び 上と同じで

ボールパッシング動画

「2人5ボールパッシング(マスター、スマイリー) 2人でボールを投げ合います。

「2人6ボールパッシング(マスター、スマイリー) 難しいです。

|

« 投票してみて | トップページ | 早稲田・桐光交流会 »

「その他」カテゴリの記事

「動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/94132/7597222

この記事へのトラックバック一覧です: ジャグリング・大道芸論:

« 投票してみて | トップページ | 早稲田・桐光交流会 »