« BBSを | トップページ | 掲示板できました! »

2007年9月 8日 (土曜日)

湘南生の夏休みとは

やっとですが、

「湘南生の夏休みとは」

を書きます!

 

まあ、一応、神奈川県立高校の中で進学実績が一番いい湘南高校ですが、その分、夏休みは勉強しているのかと言うと・・・

 

 

 

違うんです!

 

もちろん、一部は頑張ってますけど、多くは違うみたいです。

でも、その勉強の阻害要因ははっきりしてます。

 

体育祭

 

です。

湘南高校では、9月中旬に体育祭があります。

(今年2007年の体育祭は9月17日です!受検生の人は見に来ないといけませんよ!!きっと「湘南高校の実態」が分かって、僕or私でも入れそうだな~と自信がつくはずです!)

 

とにかく、その体育祭なんですが、3年生の熱の入り用が凄い!!

これに1年間をかけてる!というフウがあります。

その証拠に、体育祭の終わった後、2年生はすぐ次の体育祭の準備に取り掛かり始めるんです。(役を決めたりなど)

 

そして、

夏休みには、そのテンションは最高点までいって、ほぼ毎日来る学校に来る勢いの人もいます。

 

この体育祭では、“パート”という役割の区分があって、

仮装、BB、小道具、大道具、衣装、競技、総務

の7つがあります。

 

競技以外は、夏休みにしなくてはいけない事がたくさんあって、

例えば、

 

仮装

一番盛り上がってそうなパート。体育祭のメインイベントの仮装での踊りを全員に教える。

 

BB

バックボードという、大きな絵を描く。予算が100万円を超えているとか・・・

 

小道具・大道具・衣装

仮装で使うそれぞれのものを作る。

 

そんな感じです。

 

でも、これをしているのは、受験生のはずの3年生の割合が非常に高い。

(中にはですが、1、2年生でも、3年生並みに熱心な人もいます)

普通の学校だったら、3年生は受験の重要な時期だから、行事には参加しない!という事も考えられるんですけどね。

 

でも、そう

この、

一部の3年生の夏≒体育祭

というのが、湘南高校の重要ポリシーの1つなんです。

 

湘南高校は、

勉強も部活も行事も全部やる!

というのが、

校長先生を含め、先生の考えなんです。

(「要求は高いが、湘南生ならできる!」と、前の校長先生が何回も言ってた思い出が・・・)

他の学校と違うのは、“勉強と部活と行事に大小関係があまりない”という事だと思います。

 

で、

生徒側それを受けて、

だいたいそうなんですが、

ちょっと違いがあって、

勉強も部活も行事も全部やる!でも、大変そうだったら、勉強を減らそう

 

というのが・・・心持ち・・・

先生があまり言わないのを逆手に取ってる!?

 

でも、これが、この高校の特徴な気がします。

 

ある人が言う事には、

「勉強したかったら、翠嵐に行け」

と。

 

聞いた時、これは名言だ!と思いました。

横浜翠嵐高校というのは、県立№2の進学実績がある高校で、専ら勉強させるという噂です。

 

実際に、

塾の高校紹介でも、

厚木(№3)、湘南、翠嵐、・・・などの高校を比べて、

 

「湘南だけのんびり~としてました。」

 

言ってました。

中にいると、ほんとそんな風に思います。

 

湘南の先生は、小テストや宿題をあまり出しません。

ある先生が言うには、

自分で勉強する力を身に付ける

ためだそうです。

 

今の世の中、塾で勉強させられないとできない人が増えているらしく、その先生はそれを矯正するだって。

とっても面白い考えだと思いません?

 

中学の塾の先生では、

翠嵐の先生は熱心だけど、湘南は不が付く

などという人が多いように思うんですが、これはそのためだと思います。

 

実際に、

翠嵐高校から、転任して、湘南高校に来た先生がいて、

毎日小テストという事を!

 

さすが翠嵐!

先生が熱心だ!

 

その後、行事があって、その先生は、

「先生よりも、生徒が動いている事に驚いた」

というニュアンスの事も言ってました。

 

まさに、

湘南高校を表したコメント!

と、自分は勝手に思ってました。

 

それに、

他の塾の人が言うには、

「進学実績の数は、翠嵐は先生と生徒が頑張って上げてきているけど、湘南は生徒の質でもっているという感じ」

と。

もしかしたら、傍から見ると先生があまり見えないのですが、実はそれが長所だった

という可能性があるかもしれません。

 

まあ、でも、

それの方針のせいで怠けている人がいるのも明らかな事実です。

 

ある先輩が言うには、体育祭前に、

「みんな!浪人の覚悟はできたか?俺はできたぜ」

とか。

 

体育祭の冊子にも、そういう自虐ネタが書いてある所がありました。

 

勉強なんてしてないよ。と嘘に見えて本当にしてない人もまあまあ。

 

という訳で、

いい意味でも、悪い意味でも、

 

夏休みは、湘南高校の校風をよく表したもの!

 

になってます。

 

 

 

 

 

 

ここまで、

「勉強が疎かになる可能性がある」

と、書いてきましたが、

もしかすると、だんだん変わっていく可能性があるかもしれません。

 

これまでの人達は、

「勉強した?」

「もちろん!」

と答えたら、テスト前以外の普通の時なら、

「もちろん」=「してない」

になるはずなんですが、

 

今年の一年生は、

「もちろん」=「してる」

 

の意味の人が多いみたいです。

(もちろん、たまたま僕の周りの後輩がそうだった。という可能性もあるので、そこはご注意を)

 

前年度から、独自問題入試になり、学校の授業だけでは入りにくくなりました。

(国語なんて、50点満点で、平均点が約15点ぐらい下がったと噂を聞きます。)

という事で、

受検生の勉強意識が変わった可能性がないとは言えないと思います。

 

もちろん、

先輩から大きな影響を受けるので、

(簡単に言うと、“変人”にさせられるという事。湘南にはホント“変人”が多いです)

そう簡単には変わらないとは思います。

が、

世間の風潮も、ゆとり教育の反発として、勉強重視派が増えていると思います。

なので、校風が変わるかもしれないと思います。

 

一部の生徒は、

「や~ね~」

と言ってましたが、

僕はそうは思いません。

 

湘南の目指す真の理想

勉強も部活も行事も全部やる!

 

の弱くなっている“勉強”の部分を直してくれる

HERO

になる!

いや、なって欲しいです。

(HEROってちょっと意味違うんじゃない!?と思った人はご勘弁を。最近キムタクのHEROが流行りそうなので、掛けさせて貰ってます)

 

最後に、

湘南高校の褒め記事ですみません。ウザイかもと思います。そして、比較に使われた高校に方、すみません。中に入ってみないと本当のその高校の校風は分からないと思います。ごめんなさい。

最後の最後に、

受検生の人がもしこの記事を見て、湘南高校って面白そうだな~と思ってくれたら嬉しいです。そして、湘南入って、ジャグリング同好会に入ってみよっかな~と思ってくれたら非常に非常に嬉しいです。

 

 ―END―

(久しぶりに長い長い記事でした)

|

« BBSを | トップページ | 掲示板できました! »

「湘南高校」カテゴリの記事

コメント

子供がそろそろ高校受験になるので、そういえば母校はどうかなと思い見に来ました。
昔も今も、高3の夏休みは楽しそうですね。
君はよいことを書いています。遊び(部活・対組・体育祭)を頑張り、勉強もやる。これは昔からのテーゼだもんね。昔は遊びすぎて浪人多発だったけど(男子の現役進学は2割程度かな)、みんな浪人してから勉強して、まあなんとかなったもんだ。
今は、時代が違うのに(ほとんど現役進学でしょ?)先生が一番かん違いしているような気がする。求める理想は高くが一番です

投稿: 30年前のOB | 2010年4月19日 (月曜日) 10時22分

湘南高校を卒業し、現在大学2年のこのブログの管理人です。

ありがとうございます。
やっぱり湘南生は勉強だけでなくて、何事にもベストを尽くすことがよいのですよね。

しかし、先輩の代では、男子の現役率が2割とは、さすがに驚きました。
でも、1年間を浪人したとしても、それを勝る経験を高校生のときにできたのだろうと思います。

今後とも湘南生が充実した高校生活を送ることを祈るばかりです。

投稿: 管理人 | 2010年4月19日 (月曜日) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/94132/7860910

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南生の夏休みとは:

« BBSを | トップページ | 掲示板できました! »