カテゴリー「チューインガム」の記事

2006年9月23日 (土曜日)

チューインガム最終回

「入る」ってどう読みます?

普通は「はいる」でしょう。僕もそうです。

この写真を見て下さい。

Dscf3071iru1

問題部分を拡大します。

Dscf3071iru2『「入る」は「はいる」 とは読まない。』

だそうです。

驚きですね。自分は「入る」を「はいる」と読むのは何の問題もないと思っていました。

少し不安になったので広辞苑(電子辞書)で調べてみました。

Dscf3070hairu1_1 やっぱり「はいる」と読むみたいです。

漢和辞典(漢字源)でも、やはり「はいる」読みました。

う~ん。これは、『「はいる」と読まない』と書いていた本、「小学生の漢字読み書き字典 カラー版」がいけないのか?確かに、これは古い本です。約35年前の品でした。

何か知っている人がいたら教えて欲しいですね。

それと、もう一つ漢字ネタで、

「赤」の書き順って難しくありません?

Dscf3076aka1 写真で言うと、右の方が正しい書き順です。4画目が問題です。(僕にとっては)

実は中学生の時はずっと左の書き順で書いていましたw

よく書き順で間違う物として挙げられるのは、「も」がありますよね。でも、僕は「赤」も取り上げるべきだと思います。(こんなこと言って自分くらいしか間違ってなかったら悲しい。)

 昨日はカラーキャンプの続きを今日書くと書きましたが、やっぱりまた明日にします。下の「チューインガム」はかなりすごい作品になっています。前の物が知りたかったら、このブログの記事を9月12日から読んでいくかここを見て下さい。

  「チューインガム」 第11話 最終回

  ※「チューインガム」とは、同好会メンバーのバブルとところてんと、バブルの友達のマイケルが作った話です.。このブログで9月12日から連載中です。また、ホームページ(http://homepage2.nifty.com/shounan-juggling/chewing-gum.html)でまとめてあります。

小平「いやよ、解放なんて出来ない…あの恨みを晴らすまでは!」
女「お母さん、どうしたの?」

女の母がわなわなと震えてる…

小平「どうやらあなたも忘れていないようね?女の母。いや、宮越!」

やしのみ売り「嘘だろ?そんな馬鹿なっシャ…」

宮越の母「そうよ!私が宮越よ!」

一同に衝撃が走る。

ピシャーンゴロゴロガギャガダンバジ!

小平「あんたのせいでギャラクリ星には居られなくなったわ!」

宮越は小平をギャラクリ星から追い出す為には努力を惜しまなかった。

小平の家の近所に引っ越し、騒音おばさんまがいの事をした。

陰で「あいつにはさん付けしなくて良いから」と言いふらした。

全校生徒の前で謝らせた。

ビデオの録画予約を勝手に取り消した。

半殺しにした。

司会者「そんな事があったんですね。」

小平「私はあなたを許さないわ!今からあなたにはロシアンクリスピーをやってもらうわ!」

司会者「ばかな!これにはもう弾の所しか

あの世のミカラム「黙れ!カスが!」

あの世に逝ってもミカラムはミカラムだった。

宮ママ「いいの!これでやっと速水に会いに行ける…」

宮ママは覚悟を決め、ロシアンクリスピーの引き金を引いた。

その時奇跡が!



宮ママ「あたしは人を殺してまでこの仕事をしてきたわけど
けどっ! 
私は速水も夫(村上)も消えてほしくて殺したんじゃないの
私は幸せだったわ
だって愛せる人が二人もいたんですもの
あたしが速水に会ったときあの一生懸命な姿を見てそばにいたいと思った
でもその研究もついに終わりそうになって
これからもう近くにいられない遠い存在になってしまうなんて気がしたの
だから殺したのよ
夫もそうよ
私が社長になるまで家で腹巻まいてスイカにマヨネーズかけるとかいってたような人が急に会社立てて・・・・・・
そしたら私たちの若い頃を思い出しちゃったのよ
夫がワンコそばでギネス記録を取ろうとしていた頃のことを
そのせいで太っちゃったけど
でもあの頃の夫の輝いてる姿に似ていて
一度は冷めた
けどまたそれが蘇ってきてまた夫も速水のようになって
寂しくなって殺したのよ
私にとって生と死は等価値なのよ
だから私みたいなのなんか死んで良いのよ殺されれば良いのよ」

しかしそこに聞こえてきた声

サカキでは決して珍しくはない現象
速水の声。

宮越さん
君はまだ、まだ死んじゃいけないんだ
君は僕の夢や希望を繋いでくれるただ一人の人なんだ
だから死んではいけない
何かを発見したり発明した人は認められないこともある
報われないことだってあるんだよ
僕はたまたま報われなかっただけのことさ
だから生きてくれ


とは言われても絶体絶命のピンチ全くどうしようもない


まえにもいったがたつやはギャラクリ星にきてすごい能力をもった
そしてこの星のなかではまさに神である
今の話も全て聞いていた
が、女とやしのみ売りは依然として無反応


たつやは全速力で走った

しかし突然目の前からトラップ!!
無数の銃弾が飛んでくる

立ち止まり手を前に差し伸べる

すると銃弾は止まり冷たい音が床に響く


なぜか

神だからだ

そして
玉座まで辿り着いた
立ち止まり料理バトルのあまりのチューインガムが小平の目と手に付着した

動揺した

その隙に銃を奪った

小平の前は暗闇がまっていた



たつやの人格はすでに崩壊していた・・・

よって彼はためらわず引き金をひいた。

その弾は心臓に命中した
宮越(ママ)の・・・

小平は目のチューインガムをはがし目の前の事実に驚愕した。

小平「なぜ、あなたにあたしがかばわれなきゃいけないの?ハ・・・ハハ馬鹿な女助かったわ・・・」

小平の眼には涙

小平「あたしは本当はあなたが嫌いじゃなかったのよ・・・もっと張り合ってケンカして・・・ずっと一緒にいたかったの・・ううっ!」
            女(宮越)「おかあさーーーーぁん」

そこに温かい光がさしてくる・・・。たくさんの人に愛されてる者には奇跡が起こる。ギャラクリ星に古くから伝わる言い伝えだ。

たつやの体からエネルギーがあふれてくる・・・同時にたつやの眼から狂気が消えた。

たつや「くっ・・・サカキの幻覚で自分を忘れてしまった、だが・・・なんだこの場にあふれる愛情は・・・俺の力とみんなの愛があれば彼女を蘇らせることが出来るかもしれない・・・」

その場にいた全員が祈りを捧げた・・・

小平「お願い・・・また二人で一緒にバカやろうよ・・」
宮越「ママ・・・今までごめんね・・・ずっとママに逆らってばっかで・・・あたし、ケンカしてるパパとママが嫌いだったの・・・あたしはいつも一人ぼっち。でもやっと気付いたの、パパもママもあたしを幸せにするために頑張ってたんだなぁって。パパがいなくなって、ママまでいなくなったらあたしいつまでも一人ぼっちだよ・・・!!」

ラッコクジラ「社長・・」 
司会者「がんばれ!死なないで!」

ミカラム(故)「黙れカ・・・・・・いや今日ぐらいは・・・死ぬな!バカヤロー!」

ギャラクリ星のみんな「愛はギャラクリを救う」

宇宙に光が満ちた。全ての生を祝福しているようだった








宮越(ママ)は家のベッドで目覚めた・・・

「ママおはよう」

「あら?もうケガも大丈夫みたいね。宮越さん、でもまだ当分会社はこのあたしに任せておきなさい」

あれ?私生きてる?外に出て会社の看板を見た。   
「ゲボ飲料水販 ケロッグで幸せをお届けするの」

社長 宮越  副社長 小平


宮越(ママ)の手にはギャラクリ星の砂がついていた
「夢なんかじゃない」

一安心したら眠くなったので家のベッドで眠りについた。



ガチャッ

「なぁ、本屋で新しいビジネスのヒントを得たんだ!明日からフランスに行ってくる。あれ?なんだ寝てるのか・・・じゃあこの話は明日にしよう。おやすみ」



たつやは探偵事務所に帰って来た。

「終わったか・・・今日は明日に備えて早く、枕を高くして寝よう」


翌日

「お待たせ、待った?」
「ううん、それで今日はどんな冒険に連れてってくれるの?」
「ヨーロッパの方で犯罪者が次々に殺される事件が起こってるんだ。調べに行くかい?」
「ええ、もちろん。おやつにクリスピー持ってっていい?」
「チューインガムも忘れずに。」









とある港

やしのみ売り「僕らの住んでるこの世界は大きいけれど、僕はその中の小さな幸せを守りたいんだ」





やしのみ売り「そして、この空の向こうには、もっともっと大きな世界が広がっているんだ」



チューインガム   完

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金曜日)

カラーキャンプ続

  昨日の記事だけでは書けなかったカラーキャンプについて書きます。

Dscf2962heya 左の写真の部屋で集まり、3年生に色紙を渡したり、3年生と下級生が一言ずつ言い合ったりしました。

この時、1年生でだた一人マジが皆の前で話しました。うまく話していて、2年生よりも良かったんじゃないか?とも思えるほどでした。

そう言えば、文化祭の時もマジが司会の一人をしていました。来年も司会の一人になってもらおうかな。

その 「文化祭の映像」 です。←これ、いろんな所に貼ってますw

Dscf3011ura1  その後は、BBを細かく切った物の裏側に3年生に文を書いてもらいました。

僕も、知っている3年生に書いてもらいました。この事で、やっぱり総務長はすごいな、と思いました。多くの人が個人情報の保護をしている中(w)、ちゃんと僕に合った文(他の人には使えない文)を書いてくれました。

Dscf2928bbmurasakiちなみに、紫のBBはこんな物でした。他の色のBBはホームページで公開しています。http://homepage2.nifty.com/shounan-juggling/shounan.html#bb

 その後、この日はトランプをしたり、遊戯王をしました。

Dscf2970trump  人数が多いので、2種類のトランプを合わせてしました。「大富豪(大貧民)」をしたのですが、普通ではあり得ない事があり、とても面白かったです。、ハートのエースのダブルや、強いカードを4枚もあげなくてはならない人や弱いカードを4枚もあげられる人が現れました。

どっちでもいい事ですが、みなさんは「大富豪」と「大貧民」のどっちの名前を使いますか?自分は「大富豪」派です。

Dscf2973yugio  その後は、katooくんとバブルと遊戯王カードをしました。遊戯王カードはもう化石化したと思う人も多いと思いますが、実は一部の人にはまだまだ流行っています。

左の写真のカードなら知っている人も多いでしょう。エクゾディアです。手札に揃えた時点で勝利できるカードです。

エクゾディアは、相性の悪いカードが相手にあると、はっきり言って弱いです。勝ちを求めて使う人はいないでしょう。しかし、揃えた時はとても楽しいです。その日katooくんを相手にエクゾディアで勝てて嬉しかったです。

 この後、ぱらぱらと何人かが寝始めました。(1番上の写真の部屋でですよ!横で大部分の人が騒いでいる中で!僕も寝ようと思いましたが、できませんでした。)

Dscf2977gaその部屋以外も使っていい部屋がある事が分かり、その部屋に行くと…

こんな蛾がいました。さすが、自然が多いだけの事はある。

寝るかと思いきや、今度はダウト(トランプ)をし始めました。

眠たさが限界を超えたのでしょう。ある人が完璧に壊れました。ダウトを何回も言い続けたり、自分の番にカードを出しながら「ダウト!」と言いました。

 今日も、そろそろ長くなったので、続きはまた明日にします。

  「チューインガム」 第10話  ※「チューインガム」とは、同好会メンバーのバブルとところてんと、バブルの友達のマイケルが作った話です.。このブログで9月12日から連載中です。

やっしーは自分の顔の皮膚を掴むな否や、それをベリベリリウムと剥がした。

?「俺も仲間に混ぜてくれ!」

二人「ミカラム!」

その男の正体はミカラムだった。ミカラムは悪名高い人間で、常に悪い噂が流れていた。
コンビニに行って炭酸飲料を振って、何も買わず店をでる。

万引きをしてる振りをして定員を困らす。

実はバスケが嫌い

私をいじめる

などである。

二人は彼を仲間「NOT由紀恵」に入れるかどうか迷ったが、人数も少ないので入れる事にした。

三人は小平の弱点を手に、小平の城へと向かった。


一時間後

たつや「ここが奴の城か…思って居たよりも
ミカラム「黙れカスが!

ごめんなさい、お願いします。
ピンポーーン
>たつや「小平サンちですか」
>
>ミカラム「ちっ居留守か」
>
>ピンポーーンピンポーーンピンポーーンピンポーーンピンポーーンピンポーーンピンポーーンピンポーーンピンポーーンピンポーーン
>
>女「貼り紙を見て!小平の家は10軒先よ」
>
>ミカラム「じゃあピンポンダッシュだ」
>
>ピンポーーンピンポーーンピンポーーンピンポーーンピンポーーンピンポーーンピンポーーンピンポーーンピンポーーンピンポーーン
>小平の家
>
>ピンポーーン
>すると鍵が開いていたので勝手にお邪魔したすると白い影が影が・・・・・・
>
>
>
>アラルド「私はあるときから神になった、おまえはまだ小平には勝てない。勝つために俺の屍を越えていけ」
>するといきなりさっきまでの
>狭い
>暗い
>急に落ちる
>の世界から開けた地形へと変わった何もかもが変わった
>
>アラルド「私はこの世の神だ倒せるかな」
>
>アラルドはたつやのせいでもう人を越えた存在となった
>
>超ハイテンションな曲
>テロテロテッテテーテー
>テロテロテッテテーテー
>ピロテロテ
>
>
>あまりにも長い戦いなので分けます
>
>シーン1
>ダダダダダ
>ミカラムが撃つ
>すかさず避けるアラルド、直ぐ様、威嚇射撃三人を散らせる
>
>シーン2
>女がブーメランを飛ばす
>たつやが不思議な踊りをする
>アラルドがブーメランを撃ち落とす(強烈な音がする)パァァン
>女はびっくりする
>たつやの踊りがマツケンサンバに変わる
>
>シーン3
>ミカラムがジェットスクリューをかける
>アラルドがジェットスクリュー一気飲み
>たつやが盆踊りに
>
>シーン4
>アラルド「終わらせてやる」
>アラルド、ハイジャンプ!ミカラムに向けローキック、ミカラムは飛んで避け着地時にアッパー。アラルドがばくてんをしかかと落としをする瞬間に女がグミをアラルドに食わせる
>たつやがギャラクリ民謡を歌いだす
>
>シーン5
>アラルドあまりのクリーミーさに驚き冷静さを失う
>アラルド「バナナチョコ仙人♪♪ニキニキニンニン♪♪ニキニキニン♪♪」
>たつやが我に返り
>たつや「神はいま天へと昇られる」
>女「それって昇天じゃないの?」
>たつや「フガー」
>女「キャッ」
>
>
>たつや「ンガー」
>女「ヒョエェェ」
>
>シーン6
>ハレルヤの曲と共に神は天へと昇る
>
>
>そして目の前にでてきた封印の紋章のついた扉がじりじりと開かれていく
>
>ミカラム「俺たちは強くなった!!いくぜみんな!!」
>
>というかたつやの強さを痛い程思い知っただけ
>
>
>すると中は宮殿になっていた
>サカキの最深部
>封印の神殿、キングオブキングオブキングオブキングオブキングオブキングオブキングオブキングオブロードシールパレス(EKORSP)
>
>真っ赤なじゅうたんの先にはあのオカマ?が


>そこには小平がいた。さながらオル○・デ○ーラ第一形○。
>
>足元にはやしのみ売りと女の母。
>
>女「お母さ・・・」
>ミカラム「黙れ!こいつの肉を売れば大儲けだ!」
>
>ナイフ片手に突進するミカラム。落とし穴に落ちてしまう。やはり終盤一発キャラ、かませ犬。
>
>小平との闘いはラストなので料理バトル。
>
>カーン!!
>
>分かってると思うけどドラだからね。
>
>ドラえもんじゃないから
>小平はフカヒレ麺をつくり始めた。見事な包丁さばき
>やしのみ売り「すごい!ナンキャット・ウンパイ並のダッキングテクニックですよ」
>
>女の母「ワハハハすごいぞカッコイイぞ~!!」
>
>小平はフカヒレ麺の盛り付けをする。見事なチェーンソーさばき。
>
>ギャリクリ星人「フガーフガーフガー(アスエリアスに麦茶を混ぜるとうまくなるよ!!)」
>
>速水(故)「まだ、女の母に告白してない・・・」
>
>小平は仕上げのビールを作り始めた
>
>村上(故)「私、村上は消費税導入に反対します!」
>女の母の夫「本屋から帰ったら悲しみが待ち受けていた」
>
>小平の高笑い。自分の勝利を確信している。そして一言、「たつや君たちは何作ってるの?」
>
>
>
>たつや「チューインガム」
>小平は目玉が四つとも飛び出るほど驚いた。頭の中で様々な事が噛み合う。
>
>ギャラクリ・・・電気イス・・・・・・ゲボ飲料・・・サカキ・・・そして弱点弱点弱点弱点弱点弱点弱点弱点。
>
>たつや「もう分かっているだろう、小平。このチューインガムには牛乳を混ぜたクリスピーが埋めこまれている。」
>
>小平の顔が青い。
>
>たつや「女の母はお前の裏切りに気付いていた。もし自分が動けなくなった時のためにこのガムのレシピをある男に預けた」
>
>小平の顔が緑、ただただ深いビリジアン。
>
>たつや「一番の部下であるラッコクジラにな!!」
>
>やしのみ売り軽くショックを受ける。(やしのみ売りは考えを改めブラジルを選ばなかったので小平の宮殿に着き捕まった。その隙をみてミカラムが変装して入れ代わった)


>「ラッコクジラは貴様につく振りをしてチャンスをうかがった、そして冥王星出発の時、電気イスのベルトにレシピを挟んでおいてくれた・・・」
>
>たつやはチューインガムを銃につめ自分の頭めがけて五発放った。
>
>弾は出ない。
>
>貴様の番だ小平。
>負けを認めて女の母とやしのみ売りを解放しろ。

 記事の中に書いてあった遊戯王の本の広告

Book 遊☆戯☆王オフィシャルカードゲームデュエルモンスターズMASTER GUIDE

著者:Vジャンプ編集部
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本は面白いし、強いカードも付いてくるのでお薦めです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木曜日)

カラーキャンプ

Dscf2982z_1  昨日と今日は、体育祭の打ち上げとしてカラーキャンプがありました。カラーキャンプでは、丹沢に行き、一泊しました。その間に、同じ色の人と話したりしました。

Dscf2989crab_1Dscf2991crab  行った場所の丹沢は、自然があって、沢蟹がたくさんいるほどでした。でも、沢蟹がたくさんいる事って凄い事ですよね?僕は昔にこどもの国で見た以来でした。(こどもの国では泊まるところがあって、晩にこどもの国の人が沢蟹がいるところに連れて行ってくれました。※今では宿泊施設は老朽化のため閉鎖しているそうです。)

 自分達はこばに空手を習ったり、夜道を散歩したり、カレーを食べり、トランプをしたり、野球をしたり、放浪の旅(?)に出たりしました。

Dscf2938karate

 まず、こばに空手を教えてもらいました。

特に、バブルが熱心に授業を受けていました。(何人かはすぐに挫折しました。)こばは空手を長い間続けているそうです。何日か前にも大会に出ました。

その時の動画  「暗闇の戦い(バブル、こば)

Dscf2940z 次に、夜道を散歩しに行きました。

これがとても暗く大変でした。暗さは上の動画ぐらいです。特に、途中の橋が危なかったです。この橋は1本の道と思わせておいて、実は2本の道になっていると言う物です。なので、真ん中を歩くと落ちてしまう危険地帯でした。

Dscf2959z その後、ご飯を食べました。

写真の奥のフェンスから足を出しながら食べると、不思議な気分になりました。ある人は足にギロチンがかけられている気分と言い、ある人はホウカイ的(カイホウ的の間違いだと思われます。)だといいました。

Dscf2965zDscf2967z  この時、紙コップでタワーを作りました。罰ゲーム付きというハラハラ物です。最高記録は10個でした。しかし、だんだん紙コップがへろくなってできなくなってしまいました。

その時の動画  「バブルの11個目 「コーラ米(アズキ)

長くなってきたので次の日に続きを書きます。

  「チューインガム」 第9話  ※「チューインガム」とは、同好会メンバーのバブルとところてんと、バブルの友達のマイケルが作った話です.。このブログで9月12日から連載中です。

女「みんな!行くわよ!」

やしのみ売りとたつや「おう!」

到着

たつや「ここがギャラクリ星か…思ってたよりも良い所だ」

ジュースが一本百円の自販機

宿題の無い小学校

切れる小力

みんな

小平が

DA・I・KI・RA・I☆

女「本当に素晴らしい所ね」

やしのみ売り「そんな事言ってる場合じゃねぇ!てめぇら、サカキを探すぞ!」

やしのみ売りは見知らぬ土地に来てボルテージが上がっていた。

女「まずは聞き込みよ!」

そこに丁度良く人「ギャラクリ星人」が!
たつや「もしもし、道を尋ねるが」

ギャラ人「フガー!」
たつや「うわっ!」

ギャラ人「ンガー!」
たつや「うわー!」

ギャラ人「オフロノアトニミミソウジスルトシメッテイル(サカキはその角を曲
がってすぐだ。)」

三人はギャラ人に礼を言い、サカキへと向かった。

二分後

たつや「ここがサカキか…思っていたよりも
やしのみ売り「よし、てめぇら入るぞ!」

三人はサカキへと入って行った…

てくてく

テクテク

TEKUTEKU

手苦手苦

£Å£Å

女「あら?この張り紙は何かしら?」

張り紙「右は出口、左はブラジル」

三人「ブラジル!」


>やしのみ売り「左がブラジル? 馬鹿な!」
>
>女「ブラジルってあの
>♪まっつっけっんんさぁぁぁんんんばぅぁぁぁおぅれ!
>のところの?」
>
>たつや「とにかく行こうぜフガー」
>女「たつや君どうしたの『フガー』って?」
>
>たつや「フガー」
>女「ぎゃあ」
>
>
>たつや「ンガー」
>女「でふっ」
>
>貼り紙「説明しよう。たつや君はことばを覚えるのが早く、すぐにギャラクリ星人語(ギャラクリアン)を使いこなしているのだ!!そして、ギャラクラアンはギャラクリ星では言ったことがあるとき本当になるという言い伝えがある  」
>
>女「そんな事貼り紙に書いてないよ」
>
>たつや「みえる、私には見えるぞ
>ブラジルっていうのはなギャラクリ固有の食いもんだ。
>だから・・・
>・・・
>・・・
>・・・だからどうしたってんだ貼り紙ぃ!!」
>
>サカキの恐ろしさは
>・理解不能
>・薬草は8G
>・自動販売機のジュースの値段はテーマパーク並
>・冷暖房がついてない
>・S南高校文化祭大迷路の狭い暗い急に落ちるがあてはまる
>・ラスボスがオカマ
>語り尽くせないほど問題おおアリなのである
>
>左のブラジルに行くと糸蒟蒻(いとこんにゃく)を煮たときの色をしたアラルド11世がいた
>アラルド「あたいは10世でなくて11世でしてよキャハハハハ」
>
>やしのみ売り「オカマ?」
>
>たつや「オカマだブー」
>女「たつや君『ブー』ってどうしたの」
>
>たつや「フガー」
>女「きゃあ」


>たつや「あなたが神か?」アラルド「はい」
>女「し、失礼ですが神としての証は?」
>アラルド「カレー?ひ素?なんの事です?手鏡?二回目?なんの事です?」
>
>やしのみ売り「神だやっと神と・・・(ガタッ)」
>
>サカキでは幻覚が大安売り
>ジュースが飲みたいやしのみ売り。しかし1発5000円
>やしのみ売り「高いよ!ミーの故郷では雪印牛乳一本12円の時代だよね」
>
>たつや「フガ(アラルド!てめぇがボスなの?)」
>
>アラルド「なんの事かしらかしらかしらかしら・・・」
>
>目が覚めたたつやたちは機械だらけの部屋にいた。ブラジルを選んだら穴に落ちる仕組みだったのだ。部屋に焚かれた柴崎香の香りが幻覚を見せていた。
>
>機械にはジダンが流れている。
>
>
>頭突き頭突き頭突き頭突き頭突き頭突き頭突き頭突き頭突き頭突き頭突き頭突き
>固めて
>
>甘味をつけて
>
>頭突き頭突き頭突き頭突き頭突き頭突き頭突き頭突き頭突き頭突き頭突き頭突き
>頭がいたくなってくる。先生はあたしに呪いをかけたのね。
>突然急展開!!
>何が起こるか!!!
>
>
>
>小平の弱点を見つけた。
>
>たつや「まさか・・・?こんな物だとは・・・」
>女「これって・・・料理に使う物じゃないの?」
>やしのみ売り「使い方によっては立派な武器だ!さあ行くぞ!遅い!ぐずぐずすんな!」
>
>突如リーダーシップを発揮するやしのみうり。何かがおかしい。
>
>たつや「ニセモノね」
>
>やしのみ売り「何の事だニャー全然知らないニャ」
>
>女「お金あげる」
>
>やしのみ売り?「フフフフフフフフフフフフ。」
>
>漆黒の闇に世界が包まれしとき・・・英雄伝説の幕開けとなる・・・。私の正体は!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火曜日)

体育祭

 今日は体育祭がありました。仮装や競技いろいろよかったです。

 自分の色のパープルは、特に騎馬戦と仮装とBBが凄かったです。

騎馬戦は1位でした。面白く、本当に盛り上がりました。また、これまで競技にいい成績がなく、大変だったところを救ってくれました。

仮装は皆が一生懸命し、きれいにそろいました。また、構成もよく考えられ、とてもよかったと思います。

BBは開会式のPTA挨拶の時に褒められ、驚きました。

Dscf2912ato1

 写真を撮ればよかったのですが、いろいろな事情(?)があって撮れませんでした。残念。

唯一撮ったのがこの写真です。終了後の遊びで、小道具をいろいろつけてみようとなった時です。

  「チューインガム」 第8話  ※「チューインガム」とは、同好会メンバーのバブルとところてんと、バブルの友達のマイケルが作った話です.。このブログで9月12日から連載中です。

やしのみ売り「サカキってなんだっシャ?」
たつや「そういや聞いた事があるぞ!ギャラクリ星にサカキと呼ばれる洞穴があり、そこに入ったものは二度と出られないらしい。迷信だとばかり思っていたが、まさか本当にあるとは…」

司会者「ではそろそろこの宇宙船に乗ってもらいましょう。」

ゴゴゴゴゴ!「宇宙船の音」

女「大富豪しようよ!」

三人は、女が持っていたトランプ「バイスクルの青色」で大富豪をすることになった。
女「まずは私の番だ!!」

女はクイーンを三枚連続で出した。

その後もあれよあれよと絵札や2などを出しまくり、女は上がった。

ここからはたつやとやしのみ売りの一騎打ち!

やしのみ売り「3の二枚」

たつや「4の二枚の両しば」

やしのみ売り「パス」
流し

たつやは考えた

「俺はいま7の三枚を出せばやつは出せないだろう。そこを10で上がりだ!」

たつや「7のスリーカード」

やしのみ売り「10のスリーカード」

たつや

「しまった!わしが10が一枚ということはあいつが10が三枚という事だった!」

流し

やしのみ売り「5で上がり」

女「たつや君は負けたからバツゲームね。」
たつや「バツゲームって?」

女「サカキ」

女「そういえばギャラクリ星って母の会社の社員にいたような・・・・・・。」
>
>アナウンス「ただ今から大気圏に入ります突入時には大きく揺れるため、あっ!あの煌めきは 流星群だ~!!」
>いつもなら星に願いを叶えるチャンスだがいまではただただ悲惨、地獄である
>しかも大気圏、最近大気圏で地味な花火となったデンジャラススポット
>ぎゃふん、宇宙船に隕石直撃
>グゴゴゴゴ
>「たつや、やしのみ売り、女はHP1になった」
>
>ラッコクジラ「兄貴、今日は流れ星が多いラッコ」
>小平「ああ、今日は72年振りの流星群らしい」
>
>宇宙船は月面基地でシェスタの予定だったがこのままでは随分とそれて冥王星についてしまう
>いま冥王星の人達は太陽系からハブられ怒り心頭に発していて治安が悪化していた。


>冥王星。
>とうとう決着の時が来たわね!エヘッ!
>あたしが誰だか分かる?この笑い声思い出さない?エヘッエヘッ!
>たつや「小平ぁ!」
>大富豪で勝負よ!
>
>ラッコクジラ「6のフォーカード!」
>
>女「あっ革命だ!」
>「J」「4」「パス・・・」
>「たつやさんはAと2しかないもの、一生出せないわよ」
>
>「7二枚」、「パス」、「パス」、「く・・・く・・・」
>
>「9フォーカード!」
>
>なんとまた革命!?
>
>たつや「ざまぁ見ろ!わしに逆らいおって!貧民ごときがわしにかなうものか!やしのみ売り!よくやったぞ!お前はやる男だとわしは信じていた!これが資本主義だこのナメクジが!そらはいずり回れ!貴様らは粘液をだして床を撫でるのがお似合いだぞ!」
>
>しかたないわね・・・ババを入れて10四枚で革命よ。
>ラッコ「さすが小平様」
>
>たつや「こ、このカスがぁ!ブチブチブチ!(キレてないですよ)」
>
>くっ・・・今の俺たちでは小平に勝てない・・・
>
>その後もたくさんの戦い(チキンレース、ベイブレード、暗算、エフェクトオーリス・・・)を挑んだがたつや達は小平に触れることさえ出来なかった・・・
>
>小平「話しにならんな!いいことを教えてやる!明日その女の母を処刑する!会社は正式にあたしのもの」
>うなだれるたつや
>踊るやしのみ売り
>自殺願望をもつ女
>
>そこに冥王星の民謡が(ルパンの最初のとこ)
>
>(小平~~)
>
>「無敵の女~ツバメの~くちびる~微笑みの彼方には~きのこの山 山!山!山やまままっままっま!」
>
>あたりにはガイコツの山。皮肉にもリボンを付けていた。漂う毒ガス(アスパラガス)、したたる肉汁(かむかむグレープ)、楽しいパーティー、スティーブはお土産のシャンプーを一人で飲んじまった。
>
>後ろに気配!ラッコクジラだ!
>
>「サカキの奥に小平の弱点があるラコ。この電気イスでギャラクリ星に行くのラコ!」
>
>女「どうして教えてくれるの?」
>
>「僕は今の会社が嫌いラコ。ケロッグを粗末にするラコ。ヒ素やコンソメスープを混ぜるラコ!僕はその女の母の会社の営業部長です。小平の手下ではありません。」
>
>たつやたち三人は優しいラッコの助けによってギャラクリ星へと向かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月曜日)

体育祭延期

 雨のため体育祭が延期になりました。なので、同好会活動しました。

Dscf2883tomiDscf2893yoyo  今日もヨーヨーを多くの人がやっていました。

昔に買ったハイパーヨーヨー(ハイパーレーダー)を持って来ました。「ハイパーレーダー」というヨーヨーはとても難しかったです。スリープさせた後、なかなか戻って来ないのです。

ジャグリング動画 

ヨーヨー 「アラウンドザワールド(トミ) 「ループザループ(てる) 「アラウンドザワールド(てる)

ディアボロ 「フライフィッシングから縄跳び

マジック 「do as I do(バブル) 「out of the world(バブル)   

  「チューインガム」 第7話  ※「チューインガム」とは、同好会メンバーのバブルとところてんと、バブルの友達のマイケルが作った話です

やし~のみ~〓 やしのみサンバ〓やし~のみ~〓(ジャカジャジャン)やしのみサンバ〓 オレ!

彼女はケロッグ普及のために歌番組に出演していた。
この次はバラエティの収録、次に夜行バスで長崎まで営業、彼女は身も心も疲れはてていた。
そんな彼女を癒やすものが一つだけあった。やしのみのジュースであった。これがあれば彼女は頑張れた。

長崎の営業後

女「ふう、疲れたわ!やっしー、いつもの出して頂戴!」

しーん…

女「あれ?おかしいわね。やっしー。やっ、やっしー!」

やしのみ売りは血を吐いて倒れていた…

女「今救急車よんだから、絶対に死んじゃだめよ!もしあなたがいなくなったら…」

やしのみ売り「…ラッシャ…」

女「え?」

やしのみ売り「私は本物の霊能力者を知っている…お前もそいつに殺される…」

女「え?」

やしのみ売り「オルボワール…」

ガク

女「やっしー?ウソでしょ?やっしー!やっしー!!」

病院にて

医者「軽い風邪です。1日安静にしていれば大丈夫でしょう。」

女「わかりました、すみませんでした。」

女は次の営業があるため、いかなければならなかった。

やしのみ売り「暇だラッシャ。テレビでも見るラッシャ。」

そんな彼に黒い影が迫っている事を、彼はまだ知らなかった…


>奴がクルー♪♪日本の北から南まで♪きーたぞ我らーのたぁーつぅーやー!!!
「私がやってきたにはもう大丈夫!枕を高くして寝よう」
>とうとう探偵たつやがきた
>
>しかし
>いない   奴がイナイ
>あの女は長崎でやしのみ菓子なんかの試食会にいってか間違えたか
>
>
>代理の小平「現在はボスがいないためこの私が社長である。それが何を意味するかわかるか。
>私は何を指図してもいいのだ
>私は今は亡き速水さまの意志を後世に伝えるそしてまず速水さまの牛乳の利用よりゲボ飲料水を利用してみようと思う。」
>このとき電気椅子は考えていた
>「立った!クララが立った!」
>小平の話の続き「では私は第一の功績を持つやしのみ売りを任命するいや、左遷すると言ったほうが良いかな、やしのみ売りくん フハハハハ」
>やしのみ売りはリストラされたに等しかった
>失意のなか彼の過去の栄光に押し潰されていった
>
>たつやは間違えたようだ
>それもそうだなんたって百もダミーがあるのだから


>女は帰って来た。
>「あら?ヤッシーは?」
>小平「いないわ、そしてあんたもいなくなるのよ。オバサン」
>気が付くと女は新しい小平のアジトの地下室に閉じ込められていた。
>
>一方たつや
>
>「くそ!ダミーか」
>五十番目の建物もあの女のアジトではなかった。
>五十一番目のアジトに張り紙が・・・
>「引越ししましたぴょん」そしてさらに恐るべき事実が記されていた!
>「女は私に刃向かったのでお仕置き部屋に閉じ込めたぴょん」
>「場所はあっちだぴょん」たつやは走った!ようやく真相に近付けそうだ!たつやはぴょんぴょん走った。
>地下室へ向かう階段の途中でたつやは捕まった・・・。
>一方・・・やしのみ売りは左遷先の会社にいた。「ケロッグを生活に密着させるの㈱」の下請け、いわば小平の部下である。主を失った彼の営業成績はどんどん落ちて行った。
>
>もわんもわんもわん
>
>もわん!!
>
>そんな事があったのですね(司会者)
>しかしあなたはケロッグを食べ切れなかった!!
>
>「!!!」(さっきの女、たつや、やしのみ売り)
>
>罰を受けてもらう!さあ選べ!
>
>・薬品漬けの刑
>・バブの刑
>・肉料理の刑
>・温泉旅行の刑
>・サカキ(1番恐ろしい)
>サカキ!!(三人)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日曜日)

湘南高校体育祭

060917_12400001_1060917_143426_1  明日が湘南高校の体育祭の日です。

湘南高校では体育祭が1番大きなイベントです。ずっと前から準備してきました。

1番メインな物は「仮装」です。これは、たてわりで踊ったりします。(体育祭のほとんどがたてわりでします。)この時使われる道具も凝っていて、いいものになっています。

写真はBB(バックボード)と呼ばれる絵です。大きく、迫力があります。

「湘南高校体育祭」で検索で来た方へ!

この頃の記事よりも、最近の記事の方が、湘南高校体育祭についていい記事があると思います。トップページに戻ってから探してみて下さい。

  「チューインガム」 第6話  ※「チューインガム」とは、同好会メンバーのバブルとところてんと、バブルの友達のマイケルが作った話です。

ぐお、苦しい!ドクガスクリスピーの毒が~♪ 僕の~腹へ~胸へ喉へ「声に」ならない叫びとなって~♪ こみ上げる~る~~る~~♪ 明日と~あ
「歌の途中ですがここでCM!」

女「だからCMは嫌いなのよ!」

女は思った。全てはテレビ局のせいだと。やしのみ売りが働かないのも、ロシアンクリスピーが子供に悪影響だとして販売中止になりかけているのも、夫と上手く行かないのも、空が青いのも。

女はテレビ局へと向かった。銃とクリスピーを手に…

テレビ局にて

偉い人「おい、やしのみ売り君、この書類をコピーしてくれんか?」

やしのみ売り「ラッシャ~~イ!」

そう、彼はバイトを始めたのだ。そんな彼に魔の手が刻一刻と近づいていった…
申し訳ありませんが続きをお願いします。

>トゥヤトゥヨピキタ♪トゥテクォー♪ガシャコーンガシャコーン♪みんな♪新しいのがでたよ♪ぐるぐる回ーる♪毒ガース♪そしてー♪ゾンビ化♪たちまちバイオハラード♪
>テレビ局
>漂う死体臭(イチゴみるく風味)
>したたる血の海(ケチャップ)
>やしの実売りは驚愕した
>「誰だこんなことしたのは!そんな奴この印刷した紙で倒してやる」
>しかし無情にも聞こえるテレビ局の社員の悲鳴
>
>どうやら他のテレビ局に行ってしまったようだ
>
>やしの実売りはそれ以来テレビ局には当時のトラウマでこなくなったようだそしてかれは今度女の母の夫の会社の下で働くことにしたその会社名は
>「㈱ケロッグを生活に密着させるの」
>ロシアンクリスピーのライバル会社は皮肉にも女の母の夫であった

>その男の名は村上、彼はさっそく、新製品「クリスピーやしのみ」の宣伝を始めた。キャッチコピーは
>「サクサクジューシー」
>これがもう売れる売れる!
>女は困っていた。このままではあたしの「ゲボ飲料水販」が・・・
>
>悩んで悩んで村上とは離婚した。真っ向勝負を挑んだのだ。
>
>そして三ヶ月がたち・・・
>
>女は道の真ん中で寝ていた
>「あたし負けたのね、もう生きる意味がないわ」
>
>女が電気椅子で自殺しようとした時!耳をつんざくような雄叫びとともに一人の男がやってきた。
>
>「ラッシャャァァイ!!」
>なんということでしょう!パパラパラパラパ バパラパラパラパ パラリララリラリ ラリラリラーリー!
>やしのみ売りが仲間になった。
>
>したがって村上の会社は潰れた。だれもやしのみを搾れなかったからだ。
>
>二人は村上を処刑し村上の会社の社員は奴隷にした。そして会社名を・・・
>
>ゲボ飲料水販「ケロッグを生活に密着させるの!」
>
>と改めた。
>
>売れるためには何だってやった
>
>・他人のドラクエのレベル上げを勝手にやった。
>・大貧民で隣のやつと裏取引をした。
>・しっぺをやる瞬間に中指も立てて三本指でぶった。・烏龍茶を振った
>・わざと自販機のお釣りのところにお金を入れといて遠くから拾う人の反応をうかがった。
>・できたドミノ倒しの一つだけを抜いてシラけさせた・人を殺した
>
>女は・・・大金持ち!!
>
>しかし・・・女の秘密を暴こうとする一人の少年がいた
>「たつや」である。彼はいま女の会社の地下室に潜入捜査に向かっている。
>
>あたしが行くまで死なないでね・・・(女の娘)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土曜日)

ナルニア国ものがたり

Dscf2876book_1  電車の中で読んでいた「ナルニア国ものがたり」を読み終わりました。全部で7巻あり、全部面白かったです。

「ナルニア国ものがたり」と言えば、最近映画になった本です。僕もこの映画を見に行ったのですが、微妙でした。ドラえもんの方が面白かったと思う。でも、本はとても面白いのでお薦めですよ~。

 今日の動画 「1階⇔2階(マジ、マスター) 「ディアボロスティックでペン回し←最近できるようになったペン回しの技をディアボロのスティックでしました。

  「チューインガム」 第5話  ※「チューインガム」とは、同好会メンバーのバブルとところてんと、バブルの友達のマイケルが作った話です。

女は単身でロシアへ行った。 されど居るのは、ただのやしのみ売りや電気イスばかりで女は半ば諦めていた…
そこで女はある一つの考えにたどり着いた。「この国の名産のロシアンルーレットとチョコクリスピーをコラボすれば面白いんじゃね?」
女の読みは間違っていなかった。牛乳でふやかしたチョコクリスピーを拳銃のシリンダーに一カ所だけに詰め、交互に銃を撃っていくゲームは、当たりを当ててしまった者にはチョコクリスピーの心地よい風味と衝撃が襲い、当てた者と外した者共に楽しめるゲームとなった。
「すごい、これならいけるぞ!」
女は興奮しながら銃とチョコクリスピーを手に、日本へ戻る為に空港へと向かった。

空港にて

女「あら、なにかしら?この張り紙は?」

張り紙「最近テロが非常に多いので、持ち物検査も厳重にさせていただいています。」

女の母に残された道
・諦める
・ワタシニホンゴワカリマセーン
・金払うからさぁちょっと見逃してくんない?
・記憶にございません
・御国の為にやります
・遊びでやってんじゃないんだよ
・あ。やんのか!?
当時は今とは国際情勢が違ったロシアはまだソ連日本はまだ国の国歌が法律上決まっていなかった
テロは赤紫軍派による、ハロ号ハイジャックだった。
女の母は判断を下すまで刻を要した

思い起こせば私は何をしていたのか
愛娘には辛く当たりパートから社長に転職
夫とは離れて暮らし



あ、そうだ私は自由に生きてきている
だからこれからもそうしよう
とうとうモスクワからシベリア鉄道~ハバロフスク港~境界不明地帯~東京港間
を旅し戻ってきた
悩み続けた末その結論が出た


が、ところがどっこい空港に行ったにもかかわらず鉄道にのっていたのだ
しかし鉄道、船は安く、遅く、積載量も多く、裏ルートのつぼを突いていた
そして無事港迄着いたのだ
しかし殺害容疑で特捜の魔の手が忍び寄ってきていることその女の母は知る由も
なかった
他にも
敵はいた
・反抗期の娘
・最近仕事をしないやしの実売り
・家ではグータラしてるだけの夫
・速水の親族との相続問題・噂好きな近所のおばちゃん
・核(の脅威)
・チョウドみたいところで入るCM
実に敵が多いのだ・・・


>家に帰ると・・・、愛する夫がいないじゃないの!?
>
>・娘を連れて出て行った
>・本屋
>・娘を連れて出て行った
>・娘を連れて出て行った
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>本屋か・・・しかたないわね早速ロシアンクリスピーの売り込みに行くわ行くわ

>
>
>近所の駄菓子屋
>
>ほえ?何の用?(ばばあ)用がないなら帰っていただこう!(じじい)
>帰れ帰れ!(孫)
>帰れ帰れ帰れ!(近所のみんな)
>
>女の悪評は日本中に広がっていたのだ・・・。
>
>こうなったら宣伝ソングをつくるわよ!
>
>「クリスピーマシンガン」
>ジャカジャカジャカ♪ピロロンローン♪ガデセオ!♪
>愛するあの人に クリスピーをバシュッ!♪
>
>死んだ~♪埋め~る♪ばれ~る♪逮捕~♪脱獄!!♪
>もくっもくっ♪毒ガス~♪

 「ナルニア国ものがたり」の本の広告

「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り Book 「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り

著者:C.S. Lewis,C.S.ルイス,瀬田 貞二
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1) Book ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1)

著者:C.S.ルイス,瀬田 貞二,C.S. Lewis
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年9月15日 (金曜日)

ヨーヨー

Dscf2834yoyoDscf2857yoyo  湘南高校ジャグリング同好会では新しく「ヨーヨー」をし始めました。

最近、コンビニで安く手に入るようになったのをきっかけに、みんながやり始めています。

ジャグリングとヨーヨーはとても近い物なんです。実際に、他校のジャグリング同好会でもヨーヨーをしている所が多いです。特に、ディアボロとは共通点の多い道具です。

 ヨーヨー動画 「ブランコ(ピナリ) 「ロケット(ピナリ) 「アラウンド・ザ・ワールド(ピナリ) 「国旗(ピナリ)   

 ジャグリング動画  ディアボロ 「エクスカリバー←前に載せた物よりも上達しました。 「サンズ 「スティックリリース(katoo) 「プロペラ(katoo)    

             ボール   「テニス(バブル)   「リバースカスケード(バブル) 「ハーフシャワー(バブル) 「1,2アップ(バブル) 「ファクトリー(バブル)←今日から始めてここまで行きました。

 マジック動画  「トランプカラー←前から持っていた技だそうです。

 サッカー動画  「リフティング(じゅん)←凄かったので載せてみました。

  「チューインガム」 第4話

女「そう、あれはクリスマスイブの夜だった…」

もわもわもわ~んもわん

もわん

小さい頃の女「ママ~、明日サンタさん来るかなぁ?」

女の母「黙れ!私は後一分でこのチョコクリスピーを食わなきゃならんのじゃい!うせろ!」

女の子はしぶしぶ寝室に向かった。

翌朝

女の子「ママがいない!」

家のどこを探しても女の子の母は見つからなかった。

そう、パートだった。
女の子の母「いらっしゃいませ~、チョコクリスピーはいかがでしょうか?」

男「どれ、私にも1つ分けてくれんかの?」
ゲボ飲料株式会社(有)の社長との運命的な出会いだった。

>男「ほほうこれはなかなか良い食材だ
>しかし牛乳をかけるようではまだ味を生かし切れていない
>私はこのチョコクリスピーを更においしく食べらなければならん」
>
>そうして始まったゲボ飲料水社長(速水)のプロジェクト「V作戦」略してビクトリープロジェクト(VP)
>   プロジェクトX(エコー)
>優秀な大手飲料水メーカーの若きエース速水(24)
>新たなビジネスチャンスをみつけた
>
>社にもどりチョコクリスピーとの夢のコラボを目指した
>
>キャリアも権力もない彼は必死研究した
>
>そんな彼を優しく見守っていたのはあの女の子の母だった・・・

>ある日、速水が糖尿病になった。研究のためにチョコクリスピーを食べ過ぎたのだった。
>
>そこに、あの女の子の母からのゆうパックが・・・「応援してます。バレンタインチョコを作ったので食べてみて下さい。」
>
>速水は迷わなかった・・・パク!!バタン!ピーポーピーポー!「メス。」「お気の毒ですが・・・」
>
>数日後・・・速水の遺言書が見つかった。『ぼくはもう永くありません。未練があるとすればケロッグとゲボ飲料の研究が出来なくなることです。ぼくが死んだら工場はあの女の子のお母さんに譲って下さい。速水いまいち』
>
>しかし・・・
>
>「ふ、ふふ、あははははははは!馬鹿な男・・・あのチョコにはサッカリン(砂糖の何十倍も甘いと言われる合成甘味料)を混ぜておいたの・・・。あいつがあたしに惚れてるのは分かってたし・・・これで会社はあたしの物よ!!」
>
>女はロシアに向かった・・・優秀な社員を探すために・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木曜日)

書きたい事が異常にあった

 今日は、katooくんを待つ間バブルといろいろな事をしました。

ボールをしながら校舎を回ったり、カスケード(ボール3個で1番簡単な技)を何分できるか計ったり、カスケードをしながら約70メートル走など。

ボールをしながら校舎を回った時は、予想される事ですが、いろんな人に会いました。バブルはテニス部の部長に会って恥ずかしかったそうです。(バブルはテニス部です。)

カスケードは11分25秒続けられました。11分って長いのか微妙な時間ですね。ちなみに、3ボールの世界記録は11時間です。11時間なんてどうやったらできるのでしょうw

カスケードをしながら約70メートル走をした時は、「落としたらスタート地点い戻る」と言うルールにしました。すると、かなり多く落としてしまいなかなか勝負が終わりませんでした。結局、スピードよりも安定感重視をし、やっと勝負が決まりました。

ちなみに、ボールジャグリングをしながら走る競技は本当にあります。ジョグリングといいます。juggling+jogging=jogglingだそうです。「落としたらスタート地点い戻る」と「3ボールは足と合わせる」言うのがルールです。

このジョグリングにはすごい記録があります。

  • 3ボール  100m     11秒68
  • 3ボール  5000m    16分55秒
  • 3ボール  42.195km 4時間4分
  • 5ボール  100m     13秒80
  • 5ボール  5000m    23分45秒

速過ぎですね。普通に走っても無理な記録です。

 また、今日は面白いミステリーがありました。katooくんにまつわる物です。

僕とバブルはkatooくんをジャグリングをしながら待っていました。しかし、なかなか来ないので、バブルが靴箱を見る事を提案しました。

靴箱には鍵がかかっているので、番号をいろいろ試し…

Dscf2821syoko 開いた!!!

そして中を見てみると…

Dscf2824siro う~ん?

上履きと外履きの両方がある。

? ?

ひとまず、練習場所に戻りました。でも、そろそろ帰りたいので手紙を書く事にしました。

Dscf2832tegami (※左の写真はクリックすれば拡大され、文字が読めます。)

そして、katooくんの下駄箱を見てみると…

??

Dscf2828kagi なぜか鍵が開いている!

ちゃんと鍵直さなかったんだっけ?

と思い中を見てみると…

Dscf2827yogore う~ん。

何か変わったような気が?

そういえば!

靴が汚れてる!!

前は汚れてなかったぞ!

その後バブルとの懸命な捜索によってkatooくんは無事発見されました。

僕達がもう先に帰ったと思ったそうです。

 今日はまだまたいろいろ話したい事がありますが、記事があまりにも大きくなってしまうのでここまでにします。明日ヨーヨーの話や動画を載せます。

 「チューインガム」 第3話

電気イス「実は僕は妖精だったのさ。でも今までは人をしびれさせたりとか悪い
事しかしなかった。こんな形でしか償えない私を許して頂戴。」
小平「嘘よ!まさかそれを奴の変わりに食べるんじゃないわよね?ケロッグチョコフぐは。」
小平は自分の妖精の名前を間違える位動揺している。
電気イス「俺の最期を見ててくれ!」
そういうと今までベルトだと思っていた触手がコーンフリスキーを飲み込み始めた。

遅い

凄く遅い

制限時間は残り一分

しかしそのとき奇跡が!

>そう皆はラッコクジラ(おたまじゃくし)という生きものを忘れていたこの種族はギャラクリ星からの移民生物である
>ラッコクジラ(おたまじゃくし)「ルッタルッピターとぅるしゃーナ」
>我々の言語ではないしかしこういっているだろう
>「アスエリアスと麦茶を混ぜた液体を入れるとうまくなるよ」
>
>
>そう考えてみれば電気椅子は実はバイリンガルギャラクリ語がわかるのだ
>
>電気椅子「おい君、麦エリアス持ってきたまえ」
>
>ロシアンヤシの実売り「ラッシャャャイィ」
>
>そう彼は最近ゲボ飲料水販売会社に転職していたのだった
>
>
>
>わが社の今月の成績・・・最低得点者は・・・ロシアのやしのみ売り!貴様だ!
>
>おれ~?そんな気ないよ~
>「今日中にゲボ飲料を四個うらないと死刑だ!」
>
>テレレレッテッテッテー!やしのみ売りのレベルがあがった!
>
>口臭が1アップ。
>口臭が100アップ!
>家庭を思いやる気持ちが6ダウン・・・
>
>残り一分!
>
>やしのみ売り「麦エリアスいかがっすかー」
>
>シーン!!!
>
>やしのみ売り「ポカリスコーラいかがっすかー!!」
>「シーンて言ってんだろだまれ!あたいはあと一分でこのケロッグを食べなきゃならんのじゃい!」
>
>あと二十秒!
>
>やしのみ売り「どうせ無理だよ。」
>
>あと十秒!
>
>やしのみ売り「食べきれるわけないじゃないか・・・」
>あと七秒!
>
>やしのみ売り「なんでだよ!なんでそこまで頑張れるんだよ?」
>
>あと六秒!
>
>さっきの女「あなたのためよ。やしのみ売り・・・」
>
>一体どうゆうことか!?

 ボールジャグリングの本で、楽しいコラム(世界記録の紹介、ジャグリングの歴史など)もある「ボールジャグリング入門」の広告

ボールジャグリング入門 Book ボールジャグリング入門

著者:中嶋 潤一郎
販売元:ナランハ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水曜日)

湘南高校ジャグリング同好会:動画のページ

 Yahooで「ジャグリング 動画」と検索するとなぜか古い方の「湘南高校ジャグリング同好会:動画のページ」が出てきてしまいます。しかも4番目という高順位に!

ホームページの「動画のページ」は昔はhttp://homepage2.nifty.com/shounan-juggling/jaggling.htmlと言うURLでした。しかし、今はhttp://homepage2.nifty.com/shounan-juggling/douga.htmlなのです。

なぜ昔のページのままなのか分かりません。今のページは前と比べかなり見やすいはずです。

文字サイズを「大」や「最大」にして見ると、文字が重なってしまう問題も改善しました。そして、もう一つ危険な事があります。URLが「jaggling」になっている事です。ジャグリングの本当のつづりは「juggling」なんですw

  「チューインガム」 第2話

>たつや「ちくしょう、縛られたまんまではまともに戦えやしない。」
>小平「ははは、あんたは運がなかったのさ。あたいと戦おうだなんて、百年早いわ!そろそろ終わりよ!食らえ、ケロッグチョコフぐはっ!誰だ!?」
>さっきの女「あんたの相手はこのあたいさ!かかって来な!」
>小平「くそ、こうなったらあれを使うしかないわね、むふふふ。」

>ここは何かの工場よく見てみると一つおかしな工場がある
>「㈱ケロッグを生活に密着させるの」
>明らかに変だ
>どう見てもおかしい
>しかも会社名とは言い難いネーミング
>空を飛ぶ蚊トンボの群れの皆が皆思っていた
>工場内
>「今会員ナンバー32が助けを呼んでいなかったか」
>「ああ確かに聞こえた今のは20年まえと全く同じだ」「な、なんだって」
>「とにかく助けなければ」
>「いくぞー」
>「おー」
>
>
>さっきの女「あ、あれ何の音?」
>舞台は整った!

>小平「来たわ来たわ来たわーうひひひひ!」
>さっきの女「こんなでかいケロッグ・・・食べきれるもんか・・・」
>司会者「制限時間は四分です。」
>さっきの女「もぐもぐ(あと三分)もぐもぐ(あと二分)」もはやこれまで!会場内のギャング全員がそう思った。ロシアのやしのみ売りはやしのみがとれなくて転職を考えていた・・・のとき・・・ふふふ読者の皆さんも忘れてただろう。あの電気椅子を!
>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧